看護職向け賠償責任保険




年間掛金

※上記掛金には、一般社団法人日本看護学校協議会共済会の年会費100 円と共済制度運営費200が含まれます。

中途加入の掛金表はコチラ



 

Aプラン(支払限度額)

Bプラン(支払限度額)

保険種目

対人事故
(基本契約)

1事故 5,000万円
保険期間中 1億5,000万円
(免責金額なし)

1事故 1億円
保険期間中 3億円
(免責金額なし)

看護職賠償責任保険

対物事故
※使用経過年数に応じての対応となります。

1事故・保険期間中50万円
(免責金額なし)

1事故・保険期間中 100万円
(免責金額なし)

人格権侵害

基本契約に同じ(支払限度額については、対人事故(基本契約)と共有となります。)

初期対応費用 1事故 500万円(免責金額なし)
(うち、対人事故発生時の見舞費用は1被害者あたり10万円限度)
受託物 1事故 20万円 保険期間中 1億円( 免責金額なし) 受託者賠償責任保険
錠交換費用 1事故・保険期間中 1,000万円( 免責金額なし)




ご加入資格  一般社団法人日本看護学校協議会共済会の会員
※一般社団法人日本看護学校協議会共済会の会員でなくなった場合には、保険の脱退について必ず取扱代理店にお申し出ください。
 看護師・准看護師・助産師・保健師の資格を有する方(ただし、助産院開設者を除く)
対象年齢  年齢制限なし

※看護職賠償責任保険の保険料は、団体割引20%を適用しており、これはご加入者数が500人以上の場合の割引率です。加入者数が500人未満となった場合には保険料の引き上げをさせていただきますので、予めご了承ください。
※保険金をお支払いする場合、お支払いする保険金、保険金をお支払いしない主な場合については、パンフレットに記載の「補償のあらまし」をご覧ください。

看護職賠償責任保険

看護職賠償責任保険は、業務中の対人事故、対物事故の損害賠償金等を補償します。

医療事故においては、病院の責任だけでなく、関係した医療従事者個人も賠償責任を負う場合があります。
そんな万一の場合の備えとして「看護職賠償責任保険」があれば安心です。


患者さんの物だけでなく、病院の器材などを壊した場合も補償!

患者さんにケガをさせてしまった場合のお詫び品購入費用、交通費を補償!(初期対応費用)


注1 再購入費用は、使用経過年数に応じた時価額が限度となります。
※上記お支払い例は、引受保険会社が作成した架空の事故例であり、過去に実際に発生したものではありません。

受託者賠償責任保険

受託者賠償責任保険は、業務中に病院や患者さんから預かったモノを
紛失したり、盗まれたりした場合の損害賠償金等を補償します。


患者さんの物だけでなく病院から預かったモノを紛失したり、盗まれた場合も補償!

病院内だけでなく、訪問看護中の預かり物も補償!


注1 再購入費用は、使用経過年数に応じた時価額が限度となります。
※上記お支払い例は、引受保険会社が作成した架空の事故例であり、過去に実際に発生したものではありません。

錠交換費用担保特約

「錠交換費用限定担保特約」は、鍵の紛失、盗取または詐取によって、
セキュリティー上、錠自体の交換が必要になった場合の錠交換費用を補償します。

預かった鍵の紛失が、思わぬ高額な賠償事故につながり、個人の管理責任が問われるケースが増えています。
医療機関では、殆どの場合、鍵の紛失は錠の交換につながります。

※「保険の内容とお支払いする保険金」は上記「補償概要」の「受託者賠償責任保険」をご覧ください。
本特約において、の「①保険の内容」に記載されている「損害」はドアシリンダー交換費用についてのものに限ります。



※上記お支払い例は、引受保険会社が作成した架空の事故例であり、過去に実際に発生したものではありません。

【共済制度】患者さんとのトラブル等に対して各種見舞金を給付いたします。

下記の例のように、損害保険では補償が難しいケースに対しては、一般社団法人日本看護学校協議会共済会の共済制度により見舞金を給付いたします。

資料請求はこちらご加入方法はこちら