Willnext-Dental 歯科衛生士と歯科助手の為の総合補償制度Willnext-Dental 歯科衛生士と歯科助手の為の総合補償制度

事務代行 株式会社メディクプランニングオフィス

文字サイズ

メディカル少額短期保険 ( A01-18-0021 ( 2018年3月作成 ) )
東京海上日動火災保険 ( 17-T11668 ( 2018年3月作成 ) )

共済会とは?

「Willnext-Dental」をご案内する、一般社団法人日本看護学校協議会共済会とは?

一般社団法人日本看護学校協議会共済会(以下、「当会」)は、看護学生の皆様の実習中および学生生活の安全対策を中心とした活動を行うために、平成12 年4月に設立されました。

その後、看護以外の医療・福祉系養成施設で学ぶ学生さんや教職員の皆さま、また臨床の場で働く医療・福祉専門職の皆さまにご入会頂き、現在は23 万人を超える会員に対して次のような事業を行っています。

  • 安全情報の提供

    出版物
    「実際に起こった事故例から見る安全対策」
    「感染対策ハンドブック」など

    講演会
    弁護士など専門家による出前講演
    「医療従事者の法的責任」など

    公益事業

    国際交流事業
    海外の医療施設等の視察と現地医療職との交流

    研究助成事業
    会員を対象とした研究活動の奨励と研究助成金の交付 など

    補償事業

    医療
    医療・福祉系養成施設で学ぶ学生さんのための補償制度「Will」の提供

    医療
    医療・福祉専門職のための補償制度「Willnext」の提供

  • 会員数の推移

当会の補償事業の特色

当会は、医療技術者の安全をテーマに様々な活動を行っています。その事業の一環として行っている補償事業は、医療専門職養成教育における補償(Will)と、卒業後に医療専門職として専門業務に就いてからの補償(Willnext)をご案内しており、その対象を医療専門職並びに専門職を目指す学生さんに特化した点に特色があります。

このため、当会は臨床の現場で働く医療専門職の皆さまには「どのようなリスクがあるか」に多くの知見を持ち、その対策にも様々なノウハウを蓄積しています。

歯科衛生士の方々が必要とする補償

全国の歯科衛生士養成施設の「will」ご採用状況

歯科衛生士養成課程で学ぶ多くの学生さん(全国で88課程に在学する学生さん)が、当会の補償制度「Will」にご加入されています。当会には、その臨床実習における多くの事故事例があり、また、卒業後に歯科衛生士として働く方々からも事故対応についてのご相談や、補償に対するご要望が多数寄せられています。

そこで当会では、これらを通じて得られた歯科診療におけるリスクに備えた「きめ細かな補償」を持った歯科衛生士の皆さまに特化した補償制度をご案内することといたしました。